「壁 Looking Intently」

神田 開主
Akikami KANDA

2016年8月発行
3,000円+税
上製本/モノクロ写真34点
サイズ 250×199×13mm / 560g

HOME  作家略歴  作家HP

 

心細いまでの人の気配を辿っていった先に現れる白い壁の姿は偉容であり、
例えようのないくらい異質である。
壁の上に立ち境界のみをじっと見つめていくと、ダムという場所ができた
ことで生まれる特異な光景が立ち現れてくる。
きっかけは水面の底に沈む古い生活の残滓を目の当たりにしたある夏の
ことだった。
真夏の炎天下に立ち上る水蒸気によって揺れる景色は、かつて水底へと
沈んだ村々の名残すら露わにするようで、様々なものが再び浮上してくる
ような感覚は、水面という名の結界が少しずつ解れていき、過ぎ去った景色を
呼び戻す蜃気楼となって揺らめき立っているようでもあった。

干上がった湖岸を踏みしめ、水の底へと沈む村を歩き廻り、浮上してきた過去の
名残を垣間みて、いつしかこの場所をつくりだす水と壁の存在に惹かれるように
なっていった。

____

コンクリート製の壁面の袂には静かで果てしない世界が広がっていた。
そこでは流れる時間がどこかゆったりとしたものに感じられ、井戸の底を
覗き込むような静けさと、仄暗い水の底から滲み出ては消えていく気配が、
そこへの興味をより一層濃いものへとしてゆく。
満々とゆらめく水面は複雑に反射し、時折その中に息づき眠るものが雲の
ように漂い出ては流れ去っていく。
その様は重力の支配から解放されたどこか別の空間か、明と暗のコントラストに
照らし出された舞台の上の出来事のようにも感じられる。
自然と人間、それぞれがつくりだす対照的な光景に惹き付けられながら、
ダムという場所がもつ不可思議な成り立ちへのアプローチを続けている。

(著者あとがきより抜粋)

      


「地図を歩く」

神田開主
Akikami KANDA

2014年6月発行
3,704円+税
上製本/写真70点
サイズ  297×298×20mm

HOME  作家略歴  作家HP

 

北関東の地で暮らす中で培った目と感覚で、場所と場所とを繋ぐ境界のような、そんな光景を探し歩いては撮り続けてきた。

見慣れた景色の中にジッと佇んでいると、今まで気づかなかった場所のうつり変わりや、当たり前のようにそこに在ったものの姿が浮かび上がってくる。 都会とはまた違う時間の流れの中で、いつとも知らずその営みは変わっていき、静かに姿を変えていく景色のさまは、見知っていたはずなのにどこか遠くまで来たような、そんな錯覚さえ想い起こさせる。

景色は移るともなく移りかわり、近づき過ぎれば浮き足立ち、離れ過ぎればどこか遠い出来事のように現実感が薄れてしまうその合間を、縫うようにして歩をすすめていく。 驚くほどにきれいな景色が広がっているわけでもなければ、深く刻み込まれた歴史の片鱗を感じさせるものでもない。 自身の在所を探し歩き、場所の成りたちを見つめながら、とり留めない景色の中にいつの日かの故郷の姿を重ね合わせて、歩いた足跡をかたち作っていく。

                                神田開主

 

   

(株)冬青社  〒164-0011 東京都中野区中央5-18-20  tel.03-3380-7123  fax.03-3380-7121  e-mail:gallery@tosei-sha.jp