Erwin Staeheli 写真展「Longing for Buenos Airesブエノスアイレスへの切望

2009年4月2日(木)〜30日(木) 作家略歴 

Gelatin silver prints, 11x14inches, edition of 3, 4, or 5, with Erwin Staeheli's signature the edition notations

 
Copyright (c) Erwin Staeheli All Rights Reserved

私はブエノスアイレスへ行ったことがありません。

かつてトスカーナの廃墟と化した農家の中で、「ブエノスアイレス」というラベルが貼られたトランクの箱を見付けました。この荷はアルゼンチンへ行ったことがあるのか?なぜそれはイタリアへ送り返されたのか?その荒廃した農家には平穏な空気が流れていました。日の光が屋根のすき間から射し入り、至る所に光の模様が出来、とても静かでした。

私は、祖父がアルゼンチンへ移住したことを思い出しました。それは1920年頃の事で、ヨーロッパの若者が絶望的な経済状況のために仕事を見つけられなかった時代です。私の祖父は、南アメリカでアカシア木を植え、道具の柄を生産しようとしました。彼は農民の息子でしたので、農業の知識がありました。しかし不運にも、アルゼンチンで土地を捜していた時、ビジネスを始める金銭がすべて盗まれてしまいました。祖父はその後も、多くの犯罪や暴力の不条理を経験し、スイスへ戻ることを決心しました。

私の祖父は、二度、大西洋横断をしました。アルゼンチンへ辿り着くまでは、ずっと、汽船ボイラーへ石炭をシャベルですくっており、そして同じようにして再びスイスへ戻って来たのです。祖父のような労働者はデッキへ出ることが許されませんでしたので、祖父は海を見たことがないと私は聞いています。

私たち家族は、祖父の移住について殆ど語りませんでした。その話はどことなくきまりの悪いものでしたし、祖父自身もはそれについて全く話そうとしませんでした。しかし、祖父の書斎に常に置かれていたくたびれたスペイン語辞書、そして、スイスの庭にアカシア木を植えた祖父のことを思い出します。その木は棘の多い品種のアカシアでした。

私は、空っぽの部屋の数々の写真を、一つのシリーズにまとめることを思い付きました; ついに終わりを迎えた、かつて様々な物事が起きた場所たち、そして、ある者が静寂と平穏という稀な瞬間を楽しむために、しばらくの間、静かに佇める場所たち・・・そういう場所を一緒にするということです。

撮影場所:フランス、イタリア、スイスおよびチェコ共和国

*ブエノスアイレス(順風、よい空気)とは、Pedro de Mendozaによって、水夫や船乗りの守護者である聖母マリア像、 Santa Maria del Buen Aireに敬意を表し、このように名付けられといわれている。


(株)冬青社  〒164-0011 東京都中野区中央5-18-20  tel.03-3380-7123  fax.03-3380-7121  e-mail:gallery@tosei-sha.jp